<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

Cybereason EDR 次世代エンドポイントセキュリティ

侵入後のダメージを軽減する最新セキュリティ対策

Cybereasn00.jpg.png

 従来のセキュリティ対策製品というと、「攻撃を防ぐ・ウイルスを侵入させない」ことを目的としたものが一般的でしたが、サイバー攻撃はますます巧妙化、高度化し、100%防御することは困難とされています。そこで攻撃を100%防げないことを前提に、侵入後の侵害の拡大防止と監視強化を目的とした対策、つまり、次世代エンドポイントセキュリティ製品「EDR(Endpoint Detection and Response)」の重要性が高まっています。

 Cybereasonは、ネットワーク上の終端であるエンドポイント(クライアントPCやサーバーなど)の膨大なログデータを、AIを活用した独自の分析ノウハウを用いて解析することで、サイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知する、クラウドベースのEDR(Endpoint Detection and Response)ソリューションです。

Cybereasn01.jpg

Cybereason EDRの特長

AIを活⽤したリアルタイム検知

組織・システム内のあらゆるエンドポイントをリアルタイムで監視し、収集した情報に対してAIを活用することで悪意のある振る舞いを分析。従来の対策をすり抜ける複雑なサイバー攻撃をリアルタイムに検知し、管理者に通知します。

秒間800万回のビッグデータ解析

インメモリデータベース上で、1秒間800万回の問い合わせを⾏い、異常な振る舞いから、未知の攻撃を絞り込み特定、検知することで、リアルタイムにサイバー攻撃の全体像を把握できます。

軍事レベルのサイバー攻撃対策

イスラエル軍の諜報部隊(Unit 8200)でサイバーセキュリティに携わったメンバーらによって開発されたソリューションであるため、サイバー攻撃の最前線で培ってきた創業者たちの実戦経験が製品に活かされています。

簡単な導⼊、軽快な動作

必要な設定情報などをパッケージ化したセンサーを、サイレントインストールすることが可能です。また、エンドポイント上で稼働する監視センサーは、ユーザモードで動作するため、端末への負荷が最⼩限になるよう設計されております。

攻撃の全体像を即座に特定

あるイベントが検知された場合に、ほかの端末への感染状況を即座に特定することができます。これにより正確な状況把握、被害拡⼤の抑⽌措置、原因の特定といった、インシデントの初動対応をスムーズに実⾏することができます。

視覚化された分かりやすい管理画面

「Cybereason」の管理画面では、自動解析された結果が時系列でグラフィカルに表示されるため、事象の全体像を即座に把握することが可能です。

contact1.png

関連サービス

NGAV・EDR・DLPの違いとは? エンドポイント情報セキュリティ対策製品に関する用語解説

パソコンのセキュリティ対策はアンチウイルスソフトウェアやウイルス対策ソフトウェアが一般的でしたが、NGAV・NGEPP・EDR・DLPといった様々な製品が登場しております。ここでは各用語の解説や違いを比較表とあわせてご紹介します。

詳しく »