<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

東京都サイバーセキュリティ対策促進助成金のご案内

JYOSEIKIN.jpg

東京都サイバーセキュリティ対策促進助成金とは?

東京都と東京都中小企業振興公社は、近年増加しているサイバー攻撃に対し、都内中小企業が企業秘密や個人情報等の情報を保護するためのサイバーセキュリティ対策を支援することを発表しました。
この支援の一環として、サイバーセキュリティ対策に必要な設備やサービス等の導入経費に対する助成金申請の受付が、9月1日よりスタートします。

ぜひこの機会にセキュリティ対策の見直しをご検討ください。

助成事業の概要

対象事業

サイバーセキュリティ経営ガイドライまたは中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインに基づいてセイバーセキュリティ対策を実施するために必要となる事業

サイバーセキュリティ経営ガイドライン
中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第2.1版

対象者 都内において事業を営んでいる中小企業者等
申請期間 平成29年9月1日(金曜日)~平成29年9月29日(金曜日)
助成金額
  • 助成率 助成対象経費の1/2以内
  • 助成限度額 1,500万円(下限30万円)
助成対象となる製品等
  • UTM
  • ファイアウォール
  • VPN
  • ウィルス対策ソフト
  • アクセス管理製品
  • システムセキュリティ管理製品
  • 各種セキュリティサービス
  • クラウドサービス
  • パソコン・サーバ(最新OS搭載のものへの更新を伴い、他のセキュリティ対策を併せて実施するものに限る)
  • その他のハードウェア・ソフトウェア

※製品の本体費用、各種サービスの導入・初期費用が対象となります
※運用・維持管理に係る費用は対象外となります

助成事業の流れ

flow.jpg

  • 申請後、必要に応じ現地調査を行う場合があります。
  • 助成事業完了後5年間、設備の稼働状況等について報告義務があります。

申請に関する詳細

詳細は下記公益財団法人東京都中小企業振興公社のホームページをご覧ください。
公益財団法人東京都中小企業振興公社:サイバーセキュリティ対策促進助成金の申請案内別画面にて開きます

サイバーセキュリティ対策に関する製品・サービスは、JBサービスにお気軽にお問い合せください。

お問い合わせ

■中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン(第2版)」の勘所
1.中小企業こそセキュリティガードは必須の時代です
2.経営者とセキュリティ担当者、それぞれのミッションは?
3.セキュリティ対策の難関は"装備より維持"です

関連サービス
OPTi Secure(統合セキュリティ運用サービス )について

OPTi Secure(統合セキュリティ運用サービス )について

OPTi Secureは、Web、ネットワーク、エンドポイント、監査というセキュリティの4領域に対し、米NIST(国立標準技術研究所)のセキュリティ標準に準拠した5ステップ(特定・防御・検知・対応・復旧)に基づき、クラウドおよびオンプレミスの双方で各種サービスをご提供しています。

詳しく »