<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

STL Explorer Plus Ver.1.0 発売

このたびJBサービスでは、3Dプリンタをご利用のお客様の利便性・作業効率向上を目的としたデータ管理システム「STL Explorer Plus V1.0」の販売を開始しました。

「STL Explorer Plus V1.0」は、STLフォーマットと呼ばれる3D造形用データをすばやく検索・閲覧するソフトウェアです。表面が滑らかで高精度な造形物を3Dプリンターで出力しようとすると、STLデータの容量もおのずと肥大化していき、形状を確認をするだけでも表示に相当な時間がかかってしまいます。

「STL Explorer Plus」はオリジナルデータに対して登録と呼ばれる処理を行い、そのデータのサムネイルを作成します。実際にSTLデータを確認するときはサムネイルを使って表示するため、表示が非常に速く必要なデータをすぐに見つけることが可能となります。またファイル名や作成日付だけでは管理しきれないSTLファイルに、Excelを利用して属性情報の登録、一覧表の出力をすることもできるため、ファイル管理にかかわる工数を大幅に削減できます。3Dプリンタのドライバソフトウェア等の他のアプリケーションともスムーズに連携し、造形業務に携わるお客様に多くのメリットをもたらす製品です。

STL EX.png

※STL Explorer Plusは、ビッグバン株式会社(本社:東京都品川区、URL:http://www.bbc.gr.jp )が開発した製品です。