<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

ご視聴ありがとうございました 10/19開催 ウィズコロナ時代のIT資産管理リソースの課題 〜PC・デバイスのキッティング、障害対応、予備機管理〜


ウィズコロナ時代のIT資産管理リソースの課題〜PC・デバイスのキッティング、障害対応、予備機管理〜
2021年10月19日(火) 13:00~14:00 オンライン(Zoom)
主催:JBサービス株式会社  セミナー事務局:マジセミ株式会社

ウィズコロナで、テレワーク環境構築やオフィス閉鎖・開設が増加傾向に

感染症対策および働き方改革の推進により、オフィスや店舗を柔軟に閉鎖・縮小したい企業は従来よりも増加しています。

2020年のスペースマーケット社の調査では、企業の約4割が「家賃減額やフリーレント交渉」「オフィスを一部解約して縮小」を検討していると回答しました。一方で、経済状況を見ながら、新しい店舗を出店検討している企業も多くいます。

PC、デバイスなどIT資産管理をどうするか?(スマホ、タブレット、モニター、TV会議システムなど)

その際に、「PCや周辺機器を一時的にどのように管理、運用していくか」が課題になってきます。これらを預けて管理する場所も、管理する人員もいないケースが多いのではないでしょうか。情シス内で管理者を定めたとしても、膨大な数のデバイスを管理・メンテナンスする工数を考えると現実的に難しいです。また、セキュアな環境でデバイスを管理・保守できるわけではありません。

今後、感染拡大と縮小を繰り返すリスクを考慮すると、柔軟にIT資産を預けたり、取り出せる機能が必要になってくると予想されます。

キッティング、障害対応、保管、輸送までをワンストップで行うには?

今回のセミナーでは、「ウィズコロナ時代のIT資産管理リソースの課題」をテーマに、IT機器の受入、障害受付、MDM、キッティング、配送をワンストップで行うサービスをご紹介します。オフィスの縮小や開設を検討する中で、デバイス管理にお困りの企業様は奮ってご参加ください。

こんな方におすすめ

  • コロナ禍でオフィススペースの縮小や変革を検討している(コワーキングスペースなど)
  • 情報システム部門の働き方改革を検討 している
  • コロナ禍でテレビ会議システムなどを一時的に外部保管したい
  • 店舗ソリューションを展開・検討している
アジェンダ
12:45~13:00
受付
13:00~13:05
オープニング(マジセミ)
13:05~13:40
ウィズコロナ時代のIT資産管理リソースの課題

サービスマーケティング 企画推進本部 企画推進第一部  担当部長 沖野 清美

  • ウィズコロナ、アフターコロナにおけるビジネス環境の変化
  • PC、スマホ、タブレットなどの管理の課題

  • JBサービスが提供する「IT Asset運用サービス」の特徴、ユースケース紹介

  • 申し込み特典のご案内

13:40~14:00
質疑応答

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

  • 講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業
  • 関連企業の方・個人や個人事業主の方
  • 海外から参加される方
  • 日本に活動拠点が無い企業の方
  • その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

本Webセミナーに関するお問い合わせ

contact1.png

関連サービス
クライアントPC LCMサービス

クライアントPC LCMサービス

JBサービスのクライアントLCM サービスは、企業のクライアント端末を対象に、調達からキッティング、全国拠点への導入展開、ユーザーサポート、予備機の在庫管理、センドバック修理、リース返却・廃棄時のデータ消去にいたるまで、PCライフサイクルにおけるあらゆる業務を代行し、情報システム部門の業務負荷を削減し、高付加価値業務への注力を実現します。

詳しく »