<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

IT資産管理の手助けになるLCMサービスとは?選び方・チェックポイントも紹介!

what-is-LCM-1.png

IT資産管理とは企業・組織が保有するIT資産を見える化することで、TCO削減やセキュリティ強化、コンプライアンス強化などを実現します。

PCやライセンスなどのIT資産が増えるにつれ、適切な管理・運用が困難になっている企業も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

このような課題を解決するサービスとして、LCMサービスがあります。

今回はLCMサービスの概要やメリット、選定するためのチェックポイントをご紹介します。

少数精鋭の情報システム部門でIT資産管理にお悩みの方は、ぜひご覧ください。

目次

  1. LCMとは
  2. 必要性、どんな企業が利用する?
  3. メリット
  4. LCMサービスの選び方
  5. サービス面でのチェックポイント
  6. まとめ

LCMとは

LCMイメージ図

LCM(Life Cycle Management)サービスとは、IT資産の選定から廃棄までのライフサイクルを各プロセスに応じてサポートするアウトソーシングサービスです。

LCMサービスを利用することにより、情報システム担当者がコア業務に集中できるため、業務の効率化によるコスト削減を実現します。

主にPCメーカーやPCのキッティングを得意とするようなIT会社などがLCMサービスを提供していますが、サービス内容は各社様々です。

自社の課題やニーズにあった適切なLCMサービスを検討しましょう。



必要性、どんな企業が利用する?

LCMサービスが必要とされる背景として、2つの理由が考えられます。

  1. IT資産管理の運用には手間がかかる
    • どんなアプリケーションを利用しているかの把握・管理から、端末を廃棄する際には情報漏えいのリスクを避けるためにも適切なデータ消去作業が必要で、高度な運用管理も求められます。
  2. 情報システム担当の人材不足が深刻化
    • 多くの企業の課題でもあるIT人材不足も理由として考えられます。IT戦略策定やBCP対策、コンプライアンス対策といったコア業務に注力すべく、ノンコア業務をアウトソースしたいという企業も多くあります。

\ 1つでもあてはまった場合、LCMサービスを検討しませんか? /



メリット

LCMサービスを導入することで得られるメリットは、大きく4点あげられます。

  1. コア業務への集中
    • LCMサービスを利用することでIT資産管理に関する業務をアウトソーシングすれば、コア業務に人的リソースを集中できます。
  2. コストの削減
    • 自社でIT資産管理を行った場合と比べて、ノウハウを持った専門会社へアウトソーシングすることでコスト削減が期待できます。
  3. セキュリティの強化
    • 利用しなくなったPCのデータ消去が不完全な場合、情報漏えいのリスクが高まります。データ消去に関しても専門会社へアウトソーシングすることで、リスクの軽減が期待できます。
  4. 最新テクノロジーの利用による業務効率化
    • 利用した機器が古くなったとしても新たな機器の選定から相談できるので、最新テクノロジーを搭載した機器の利用による業務効率化も見込めます。



LCMサービスの選び方

多くのメリットをもたらすLCMサービスですが、どのように選べばよいでしょうか。

  1. 管理するIT機器の種類から選ぶ
    • 利用しているIT機器のメーカーが統一されている場合、そのメーカーを得意としている会社が提供するLCMサービスを検討してみてはいかがでしょうか。
    • 利用しているIT機器のメーカーが統一されていない場合は、マルチベンダー対応を売りにしている会社や自社が必要とするサービスが網羅されているかどうかの観点で選んでみましょう。
  2. 自社で必要となるサービス面から選ぶ
    • LCMサービスの中でも「運用に特化したサービス」か「情報管理に特化したサービス」なのかは、提供会社によって異なります。
    • サービス面からの選び方に関しては、次の章でチェック項目をまとめましたのでぜひご確認ください。

サービス面でのチェックリスト

LCMサービスで主に提供されるサービス内容についてご紹介します。自社でどのサービスが必要なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

チェック項目

機器の選定・調達

キッティング

ヘルプデスク・サポート


下取り・データ消去

まとめ

今回はLCMサービスの概要とメリット、選び方についてご紹介しました。

多様化する働き方への対応やDX推進など変化が起きる中で、スムーズなIT製品の導入・利用を促進するうえでも、LCMサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

JBサービス株式会社では、LCMサービスセンター「豊洲ソリューションセンター」を有し、マルチベンダー対応・大量ロットにも柔軟に対応します。

長年にわたる実績とノウハウを活かした高品質なサービスをご提供しますので、LCMサービスの導入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

よくあるご質問

LCMとは?
LCM(Life Cycle Management)サービスとは、IT資産の選定から廃棄までのライフサイクルを各プロセスに応じてサポートするアウトソーシングサービスです。詳しくはこちらで紹介しています。
LCMのメリットは?
LCMサービスを導入することで得られるメリットは、大きく4点あげられます。1つ目は、コア業務への集中です。そのほかに関してはこちらで紹介しています。

関連サービス
クライアントPC LCMサービス

クライアントPC LCMサービス

JBサービスのクライアントLCM サービスは、企業のクライアント端末を対象に、調達からキッティング、全国拠点への導入展開、ユーザーサポート、予備機の在庫管理、センドバック修理、リース返却・廃棄時のデータ消去にいたるまで、PCライフサイクルにおけるあらゆる業務を代行し、情報システム部門の業務負荷を削減し、高付加価値業務への注力を実現します。

詳しく »