FortiEDR運用サービス

FortiEDR運用サービスの概要

FortiEDR運用サービスは、お客様に代わり認定ホワイトハッカーを中心としたセキュリティ専門家チームが、日々のセキュリティ運用や検知ログの調査を実施します。

JBサービスでは、Fortinet製品に関して知識・経験豊富なエンジニアがセキュリティ運用をサポートします。

FortiEDR製品の機能・特長については製品ページで紹介しています。

FortiEDRおよびFortiEDR運用サービスをおすすめしたいお客様

FortiEDRを導入済または
導入予定の組織

ポイント

運用リソースに課題があればご検討ください。

FortiGateをご利用中でEDR製品の
導入を検討中の組織

FortiGate

ポイント

FotiEDRはFortiGateとの連携も可能です。

他のEDR製品では対応していない
OSを保有している組織

OS

ポイント

FortiEDRはWindows XPも対応しています。

FortiEDR運用サービスのポイント

  1. FortiEDRに関するポリシー・設定変更はお任せ
  2. 判断に悩む検知ログを専門家がご支援
  3. 検知情報を日次・月次でご報告
  4. お客様の運用体制に応じたサービスをご用意

サービスご提供イメージ

ライト版

FortiEDR運用サービス(ライト版)のイメージ図

ポイント

FortiEDRに関する運用は自社で実施されるお客様におすすめです。

通常版

FortiEDR運用サービス(通常版)のイメージ図

ポイント

FortiEDRに関する運用代行からJBサービスにお願いしたいというお客様におすすめです。



FortiEDR運用サービスの詳細

項目 内容 ライト版 通常版 サービス詳細
受付 問い合わせ対応 製品に関するお問い合わせの一次受付窓口です。(メールのみ)製品の利用方法や運用サービスに関する対応を行います。
運用

例外リストメンテナンス

- お客様からのご依頼に基づき例外リストのメンテナンスを実施します。(※製品仕様上、ハッシュ値での登録はできません)
対応 検知ログ調査 - お客様からのご依頼に基づき検知内容の調査を実施します。(※管理コンソールから判断できる内容に限ります)
可視化 日次報告 - 毎日お客様へ検知したイベント一覧をExcelファイル形式でご報告します。
月次報告 - 管理コンソールの情報を元に前月の「検知ログ情報」及び「脆弱性が存在するアプリケーション一覧」を作成しご報告します。
マルウェア解析 オプション オプション セキュリティエンジニアによるマルウェア解析とレポートをご提供します。

サービス対応時間、回答目安

項目 内容 ライト版の対応時間 通常版の対応時間
受付 問い合わせ対応 平日9~17時 24時間365日(ご依頼受付から翌日中)
運用 例外リストメンテナンス
対応 検知ログ調査
可視化 日次報告 - 365日
月次報告 - 月初から約10営業日
マルウェア解析 - メール受付:24時間365日、対応:平日9~17時

導入事例

ホテルモントレ様

ホテル業界を牽引するような攻めのITの取り組みを、FortiGate、FortiEDRによる守りと両輪で推進

全国に21のホテルを展開するホテルモントレでは、JBサービスのSOCサービスを組み合わせてFortiEDRを選定されました。本記事では選定理由などをご紹介します。

導入事例はこちら≫

サービス開始までの流れ

1.
お問い合わせ

ポイント

まずは、お問い合わせください。サービスの詳細をご説明します。

2.
お打ち合わせ・お見積り

ポイント

お打ち合わせはWeb会議でも実施可能です。お打ち合わせ後、お見積書書を提示します。

3.
ご契約・ヒアリングシート

ポイント
ご注文後、ヒアリングシートをご記入いただきます。

4.
初期設定

ポイント
弊社にて初期設定を行い、運用開始の準備を行います。

FortiEDR・FortiEDR運用サービスに関するご相談・お問い合わせ

関連サービス
FortiEDR|EDR・エンドポイントセキュリティ対策

FortiEDR|EDR・エンドポイントセキュリティ対策

FortiEDRは、エンドポイントを侵入から守るEPP(Endpoint Protection Platform)と、侵入後に検知して対応するEDR(Endpoint Detection and Response)の両方の機能を持つ製品です。侵入を受ける前に「発見と予測」「保護」を、侵入を受けた後に「検知」「無効化」「対応と調査」「修復とロールバック」を行います。

詳しく »