<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

3Dプリンターの日常のメンテナンス手法

ProJet MJP 2500シリーズ

お客様ご自身で実施していただく日常のメンテナンス手法を動画でご紹介します。

ご使用中にカウンターが一定数に達すると、メンテナンスを促すメッセージが表示されますが、トラブルが発生する前にメンテナンスを行うことで、造形不良や機械の故障を防止することが可能です。

【注意】作業時は、必ずニトリル手袋を着用して作業下さい。

プラナライザーダクトおよび周辺の清掃

プラナライザーダクト(2か所)、ダクト周辺、UVランプの清掃方法をご紹介しています。ダクトには廃棄物が詰まり、造形物に傷が付くようなことがあったら、実施してください。

ワイパーブレード清掃

プラナライザーローラーを清掃するワイパーブレードの清掃方法をご紹介しています。パーツ材とサポート材が混じるようになったら、実施してください。ワイパーブレードは、鋭利な金属板です。作業の際は十分にご注意下さい。

プリントキャリッジ光学ホームセンサー清掃

光学ホームセンサー清掃の清掃方法をご紹介しています。造形時ヘッドがホームポジションに戻らなくなったら、実施してください。センサーの場所がとても分かりにくいので、こちらの動画でご確認下さい。

関連サービス
3Dプリンターマルチベンダー保守サービス

3Dプリンターマルチベンダー保守サービス

3Dプリンターマルチベンダー保守サービスは、3D System社 ProJetシリーズ国内保守台数No.1の実績と経験をベースに様々な3Dプリンターの保守を行います。JBサービス株式会社は、企業の情報セキュリティ対策や最適なIT運用のためのご支援・ソリューションをご提供いたします。

詳しく »