<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

デジタル化を推進し最先端技工所を目指したお客様事例

歯科技工所とデンタル業界向けのCADCAMアカデミー運営 株式会社ケイテックス 様

20170412_shika_01.jpg

  • 1973年に東京都新宿区歯科技工所を設立。技工所を運営する傍ら、1981年より歯科技工士専門学校を卒業後の新米技工士を対象とするセラミックアカデミー「早稲田トレーニングセンター」を開講、積極的な人材育成を行う。

  • 日本では未だ従来の手作業で義歯を作成する方法が一般的である中、3DCAD/CAMシステムの導入を業界に先立って行い、2011年には3DSystems社製デンタル向け3Dプリンター「ProJet DP3000」を導入。2015年にリプレイスを行い「ProJet3510DP Pro」を現在使用中。

  • 近年ではアメリカや中国等の海外進出をはかりながら、デンタルショーやメーカーセミナーなどに積極的に参加し、世界の先端技術にアンテナを張って、日本の最先端歯科技工所を目指している。

導入の背景・お客様の課題

  • 品質の安定化

  • 労働環境の改善

  • 技工士不足への対応

  • 世界基準に伴った設備

新機種選定・運用上重視したポイント

3500dppro.png

  • クオリティ/造形時間
    従来機種と比較して「変形しない」「故障が少ない」こと

  • 保守サービス
    修理や材料の納品、技術的なアドバイスなど保守内容

3Dプリンターの活用によるメリット

  • 作業効率の向上(労働時間の短縮)
    従来手法で3時間かかっていた入れ歯のフレーム作成が、3Dプリンターにより30分に短縮可能
    大量生産が可能なため、30個のモデルを約6時間ほどで完成させることが可能
    作業はすべて3Dプリンターにより自動化されるので工数はほぼ0時間
  • 歯科技工士の一部作業を3Dプリンターで代用できるため、技工士不足をカバーできる

  • 造形時間・コストの明確化

新たな取り組み ~ケイテックス様が考えるデンタル業界の未来~

  • CAD/CAMや3Dプリンターなどの歯科業界のデジタル化推進
    入れ歯を模型なしで製作することにより、削る技術のないアフリカなど海外の発展途上国にも口腔内スキャナーさえあれば、国内生産した入れ歯を輸出することが可能に。
  • デジタル全国の技工所や歯医者をネットワークで繋げることで、技工所ごとの課題や技工士不足を解消、それぞれが持つ最新技術の活用により、業界全体の発展実現。

dpsample.png

※ケイテックス株式会社様のインタビュー記事は、こちらからご覧いただけます。(株式会社イグアス)

関連サービス
歯科医療向け マルチベンダー保守サービス

歯科医療向け マルチベンダー保守サービス

3D・歯科関連機器メーカー・販社様向け マルチベンダー保守サービスは、コールセンターや全国サービス拠点のオンサイトサービスなどを組み合わせて、お客様のご要望にあわせたアフターサービスをご提案いたします。JBサービス株式会社は、企業の情報セキュリティ対策や最適なIT運用のためのご支援・ソリューションをご提供いたします。

詳しく »