ゼロトラストセキュリティ運用サービス

ゼロトラストのイメージ図

Prisma Accessの運用代行サービスです

ゼロトラストセキュリティ運用サービスでは、拠点やモバイル端末から安全にインターネットにアクセスするためのネットワークサービス「Prisma Access」で使用するPanoramaに関して、JBサービス株式会社の認定ホワイトハッカーを中心としたセキュリティ専門家が運用を代行します。

JBサービス株式会社は、Prisma Accessの導入から運用代行までサポートします。

こんな課題・要望はありませんか?

  1. Prisma Accessの導入を検討しているが、運用に関する社内リソースを確保できない
  2. Prisma Accessを導入し自社で運用しているが、将来的に運用のアウトソーシングを検討している
  3. 製品やサイバー攻撃に精通した専門家のサポートが欲しい

ゼロトラストセキュリティ運用サービス
解決します!

サービスご提供イメージ

ゼロトラストセキュリティ運用サービス 提供イメージ

サービス実施項目

内容
サービス詳細
受付 お問い合わせ サービス内容と対象製品に関するお問い合わせを電話とメールで受け付けます。
監視 管理モジュール死活監視 管理モジュール(Panorama)の死活状況をモニタリングし、異常時にお客様へ通知します。必要に応じて保守の手配を行います。
セキュリティ監視 IPSのイベントをモニタリングし、影響度:Critical allowについてお客様へ通知します。IPSの設定で対応可能な場合Blockへ設定変更を実施します。
運用 管理モジュール障害回復支援

Prisma Accessを管理しているPanoramaに障害が発生した際、弊社技術員がリモートでの問題判別、稼働確認を支援します。

ファイアウォールポリシー設定変更

お客様からファイアウォールポリシーの設定変更依頼があった場合、運用センターSMACから遠隔操作で設定の追加・変更・削除を実施します。

SASEポリシー設定変更 お客様からのご依頼に基づき、ポートベースのセキュリティポリシーに関する設定変更を実施します。
クライアントVPN運用支援

VPN接続に関するファイアーウォールの設定および接続トラブル時の障害切り分けをサポートします。

管理 管理モジュールバージョンアップ

弊社が必要と判断した場合、Prisma Accessのアップデートに合わせてPanoramaのファームウェア及びプラグインをアップデートします。

セキュリティ定例ミーティング 弊社技術員がお客様とセキュリティ運用に関するミーティングをWeb会議にて開催します。

対応回数と対応時間

項目
内容
対応回数
対応時間
受付 お問い合わせ 年6回 メール受付:24時間365日、対応:平日9~17時
監視 管理モジュール死活監視

回数制限なし

24時間365日
セキュリティ監視 回数制限なし
運用 管理モジュール障害回復支援 年2回 メール受付:24時間365日、対応:平日9~17時
ファイアウォールポリシー設定変更 年36回
SASEポリシー設定変更 年6回
クライアントVPN運用支援 調査・問い合わせ:年2回、設定変更:年4回
管理 管理モジュールバージョンアップ ファームウェア:年1回、プラグイン:年6回
セキュリティ定例ミーティング 年4回 平日9~17時

サービス開始までの流れ

1.
お問い合わせ

ポイント

まずは、お問い合わせください。サービスの詳細をご説明します。

2.
お打ち合わせ・お見積り

ポイント

お打ち合わせはWeb会議でも実施可能です。お打ち合わせ後、お見積書書を提示します。

3.
ご契約・ヒアリングシート

ポイント
ご注文後、ヒアリングシートをご記入いただきます。

4.
初期設定

ポイント
弊社にて初期設定を行い、運用開始の準備を行います。

ゼロトラストセキュリティ運用サービスに関するご相談・お問い合わせ

関連サービス
XDRマネジメントサービス

XDRマネジメントサービス

XDRマネジメントサービスは、パロアルトネットワークス社のCortex XDRの日常運用を代行し、重要アラート発生時にはお客様に緊急の連絡及び対処をご支援します。JBサービス株式会社は、企業の情報セキュリティ対策や最適なIT運用のためのご支援・ソリューションをご提供いたします。

詳しく »