情シスの仕事内容とは?役割や必要なスキルなどを詳しく解説

情シスイメージ

企業活動をあらゆる側面から支える情シス(情報システム部門)。ビジネスでのIT活用が進むにつれ、情シスが担う役割や業務も増大しています。一方、情シスの立ち位置や業務内容を知らない社員も多いのが実情です。

今回の記事では、情シスに配属された方や情シスと関わる立場にある方なら知っておきたい情シスの仕事内容や役割、必要なスキルなどについて解説します。

情シス(情報システム部門)とは

情シスで働くエンジニア

情シスとは情報システム部門の略称で、社内で扱う情報システムの企画・開発・運用・保守に携わる部門です。

事業内容やニーズにより業務範囲は異なりますが、よくある業務としては社内システムの開発・管理、IT機器の運用・管理、ヘルプデスク業務、セキュリティ対策の4つが挙げられます。

情シスの役割

業務内容自体は多様ですが、情シスの主な役割は「業務部門が利益を生み出せるような情報システムを実現すること」や「社内の情報システムの抱える課題を解決すること」に集約されます。

情シスはインフラの保守や社内ヘルプデスクといった定型業務に時間を取られるケースも多いですが、本来の役割は社内情報システムをよりうまく活用して課題解決・利益創出に繋げていくことだとえます。

情シスの仕事内容

先述した情シスの主な仕事内容4つについて、必要なスキルもあわせて具体的に解説します。

社内システムの開発・管理

業務基幹システムや情報システムなど、業務に不可欠な社内システムを開発・管理するのは情シスの重要業務の1つです。情シスの人員が豊富でない限り開発業務は外部ベンダーへ依頼することが多いですが、システムの設計や要件定義、導入時の環境の用意、そのほかシステムトラブル発生時の緊急対応などは情シスの業務となります。

このような業務に携わるには、ネットワークやサーバーの知識が必須になります。システムによっては、JavaやPHP、SQLなどのスキルがあると重宝されます。

IT機器の運用・管理

社内ネットワークやハードウェアの管理も情シスの業務範囲です。以前はPCや社用携帯などは総務が管理することもありましたが、利用機器が多岐にわたる今、IT機器の管理を一括して情シスに任せるケースが増えています。ハードウェアの保守・管理はもちろん、PCなどの端末内のソフトウェア・ライセンスの管理、LANやケーブルなどのネットワーク管理、社内サーバーやクラウドの管理なども情シスが担当します。

扱うIT機器によりますが、この業務ではPCやネットワークの知識に加えてOSやアプリケーション、サーバー、クラウドに関する知識、およびコマンドを扱えるスキルが必要となる場合があります。

ヘルプデスク業務

社内のITトラブルは日常茶飯事。インターネットが繋がらない、システムが止まってしまった、などといった問い合わせが社内から上がった場合、この解決にあたるのが情シスです。

システムの不具合から端末の操作方法にいたるまで、さまざまな問い合わせが届きます。対応方法や回答が定型化できるものは社内FAQやWikiなどにまとめる、といった効率化をはかる業務も情シスの仕事です。

問い合わせ内容自体が多岐にわたるため、ヘルプデスク業務においては幅広い知識が必要になります。加えて、各部署の社員と円滑にコミュニケーションするスキルや調整力などがあると良いでしょう。

セキュリティ対策

PCのセキュリティIT化が進んだ今、欠かせないセキュリティ対策。大切な情報資産を守るには欠かせない業務の1つで、情シスの課題でもあります。現状のセキュリティ状況を把握し、必要な対策を導き出して実施したうえで、セキュリティを常に最新状態に保つところまでが必要業務となります。

サイバー攻撃対策からPC端末の紛失などのインシデント対応・情報漏洩対策など、セキュリティ対策の業務範囲は非常に広いため、多様なスキルと知識が求められるうえ業務量も膨大です。人員の足りない情シスではセキュリティまで手が回らない、というケースも多いでしょう。

この業務においては、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、サーバーなどのIT全般の広い知識が必要になるほか、サイバー攻撃の手口や最新のセキュリティ対策方法についての知識が要求されます。

まとめ

今回の記事では、情シスの仕事内容や役割、求められるスキルについてご紹介しました。ITの利活用が進むにつれ情シスの業務量は増え、重要なプロジェクトに手が回らなくなるケースが多いです。求められるスキルも膨大になりますので、社内の人員だけでは情シス業務が回らなくなる場合もあるでしょう。

このような場合は、適宜業務をアウトソーシングし効率化するのが有効です。例えば、ITインフラの運用、セキュリティ対策、ヘルプデスクといった業務は一部外注化が可能な領域のため、アウトソーシングを検討することをおすすめします。情シスの業務負荷を下げたい、効率化したい、といったご要望があれば、ぜひJBサービスへご相談ください。

関連サービス
クライアントPC LCMサービス

クライアントPC LCMサービス

JBサービスのクライアントLCM サービスは、企業のクライアント端末を対象に、調達からキッティング、全国拠点への導入展開、ユーザーサポート、予備機の在庫管理、センドバック修理、リース返却・廃棄時のデータ消去にいたるまで、PCライフサイクルにおけるあらゆる業務を代行し、情報システム部門の業務負荷を削減し、高付加価値業務への注力を実現します。

詳しく »