<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

Multi Authentication EVA MA - 指紋認証・ICカードセキュリティ

Multi Authentication EVA MAとは

Multi Authentication EVA MA(以下EVE MA)とは、拡張性の高いプラグインアーキテクチャで、エンタープライズシステムの認証基盤における自在な認証設定を可能にします。ICカード認証、指紋認証、パスワードをはじめとする様々な方式による認証をWindowsログオンからネットワーク認証、アプリケーション認証など、幅広いシステムに適用可能です。

EVA MAの特徴

■パスワード管理からの解放

複雑なパスワード入力、定期的なパスワード変更が不要になります。パスワードは管理負荷が高い反面、セキュリティの維持が困難です。指紋認証やICカード認証を採用することにより、パスワード管理の問題から解放されます。

Active Directoryとのシームレスな連携

EVA MAの管理は「Active Directory ユーザーとコンピュータ」を利用します。使い慣れたツールで、部門に応じた柔軟な管理・設定が可能です。

また、日時やユーザー、コンピュータ、認証結果などのアクセス記録を容易に調査できます。

仮想環境への対応

EVA MAは、多くの企業で急速に導入が進んでいる仮想環境に対応しています。仮想環境に接続した状態で多要素認証の利用も可能です。

  • VMware
  • VMware Horizon
  • Citrix XenApp
  • Ctrix XenDesktop
  • Microsoft RDP
  • Ericom

■共通IDへの対応

EVA MAは、下記のような共通IDへの対応が実現できます。

  • 窓口端末など、複数のユーザーを1つの ID でログオンさせたい場合、EVE MA の代理認証機能で対応できます。
  • 共通IDでログオンできるユーザーを予めグループ化し、グループメンバーなら共通IDとしてログオンできます。
  • 共通IDだけではなく、特定のユーザに対してもグループ登録をしていればグループメンバーは特定のユーザの代わりにログオンをする事ができます。

お問い合わせ

contact1.png

関連サービス
エンドポイントセキュリティ情報ポータル

エンドポイントセキュリティ情報ポータル

情報システム部門ご担当者様にご覧いただきたいエンドポイントセキュリティ対策に関する用語の解説や基礎知識、お役立ち情報などを掲載しております。

詳しく »