Microsoft Defender for Businessとは?

Microsoft Defender for Businessとは、従業員300名までの企業を想定して開発されたEDR製品です。

第三者機関からも最高レベルの評価を獲得している世界最高水準のMicrosoftセキュリティ技術が搭載されています。

Windows OSにビルトインされているため、面倒な導入・構築作業は必要ありません。

OSに標準搭載されているEPP機能「Microsoft Defender Antivirus」と組み合わせることで、デバイスの防御から脅威の検知・対応・修復をAIが自動で行い、感染拡大を防ぎます。

300名以上の企業は、Microsoft Defender for Endpointをご検討ください。

EDR製品の導入で、こんなお悩みはありませんか?

EDR製品のライセンス料金は高額だから手が出せない...
大企業向けの製品は高機能すぎて使いこなせるか心配...
デバイスに負荷がかかったりアップデートが煩雑になるのが心配...
簡単と言われても、検証や構築、運用まで自社で対応しきれるか不安...
Microsoft Defender for Business が解決します!

Microsoft Defender for Businessの特長

  1. 1ライセンス300円台で利用可能
    • エンタープライズと同等レベルの高性能EDR製品がお求めになりやすい価格で利用できます。
  2. 300名以下の企業向けに開発された製品
    • 中小企業がサイバー攻撃への対策をより簡単に導入でき、既存のセキュリティ対策をさらに強化できるツールとして提供されています。
  3. 低負荷でメンテナンスフリー
    • Windows Updateの適用で更新の手間はかかりません。通信データも1台あたり1日5MB程度なので、デバイスへの負荷も非常に低いです。
  4. 面倒な構築作業は不要
    • Windowsにプレインストール済のため、すぐに使い始められます。検証や運用で不安な点があれば、JBサービス株式会社がご支援します。

※1ユーザーあたり月額330円(年間サブスクリプション/自動更新)価格に消費税は含まれていません。最新の価格はMicrosoft社Webサイトをご確認ください。

特におすすめしたい企業

従業員300名以下
EDRを気軽に始めてみたいという従業員が300名以下の企業におすすめです。
Microsoft 365利用中
Microsoft 365と連携可能です。Business Premiumであればライセンスが包含されています。
Defender Antivirus利用中
EPP機能にEDR機能を追加することで、最高レベルのセキュリティ対策を実現します。

機能一覧とDefender for Endpointとの違い

Microsoft Defender for Endpoint(Plan 1・Plan 2)とMicrosoft Defender for Businessに関して、機能の違いをまとめました。

機能for BusinessPlan 1Plan 2
マルウェア・ウイルス対策(新たな脅威へのリアルタイム保護)

攻撃面の減少(攻撃対象となるブラウザやアプリケーションでの利用機能・操作を制御)

管理者手動による脅威への対応実行(スキャン実行、デバイスのネットワーク分離、プロセス停止と検疫、ファイルのブロック)

集中管理(Microsoft Defenderポータル上で検出された脅威情報とアクションの確認)

セキュリティレポート(検出された脅威、危険にさらされているユーザー・デバイス)

デバイス検出(企業ネットワークに接続されたMicrosoft Defender for Endpointで管理されていないデバイスの検出)

-

-

脅威と脆弱性の管理(デバイスの脆弱性と誤った構成をリアルタイム検出)

-

-

自動調査・自動対応(検出された警告に対して自動調査・自動対応、脅威への修復)

-

高度な追及・探索(クエリベースの脅威検索ツールで最大30日間のローデータを探索)

-

-

エンドポイントでの検出と対応(上記管理機能で包括的な対応を実現)

-

Microsoft脅威エキスパート(脅威に関する専門家の分析情報を入手)

-

-

ライセンス・前提条件・試用版

Microsoft Defender for Businessを利用するためには、いずれかのライセンス購入が必要です。

  • Microsoft Defender for Business単体ライセンス
  • Microsoft 365 Business Premium

サポートされているOSは下記の通りです。そのほかのシステム要件はMicrosoft社Webサイトをご確認ください。

  • Windows 10 Business以降
  • Windows 10 Professional以降
  • Windows 10 Enterprise以降
  • macOS(最新の3つのリリースがサポートされています)

Microsoft Defender for Businessの試用版として、30日間無料で体験できるトライアルが用意されています。詳細は、MicrosoftWebサイトをご覧ください。

Microsoft Defender for Businessの導入、運用に関するお問い合わせ

JBサービス株式会社は「Microsoft Defender for Business」販売促進・関連サービス協賛パートナーです。

Microsoft Defender for Businessの導入、運用に関して支援会社をお探しであれば、JBサービス株式会社へお気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。

よくある質問
Microsoft Defender for Businessとは何ですか?

従業員300名までの企業を想定して開発されたEDR製品です。OSに標準搭載されているEPP機能「Microsoft Defender Antivirus」と組み合わせることで、デバイスの防御から脅威の検知・対応・修復をAIが自動で行い、感染拡大を防ぎます。製品の特長はこちらで紹介しています。

Microsoft Defender for Endpointとの違いは何ですか?

Microsoft Defender for Endpointの一部機能は利用できません。詳しくはこちらの比較表でご紹介しています。

関連サービス
Microsoftエンドポイントセキュリティ運用サービス

Microsoftエンドポイントセキュリティ運用サービス

Microsoftエンドポイントセキュリティ運用サービスは、Microsoft社EDR製品「Microsoft Defender for Endpoint」に関する運用サービスです。JBサービス株式会社は、企業の情報セキュリティ対策や最適なIT運用のためのご支援・ソリューションをご提供いたします。

詳しく »