SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs (Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成されています。

sdg_poster_ja_2021.jpg

JBグループのSDGsへの取り組み

JBグループ 重要課題(マテリアリティ)

JBグループは中長期的観点からの企業としての存続と成長のために、持続可能な社会の実現が必要不可欠であると認識し、事業活動を通じて社会に貢献していく観点から、「JBグループ サステナビリティ基本方針」を定めました。
その基本方針に基づき、特にJBグループに関連する社会課題の中で「環境(E)」「社会(S)」「経済(経営基盤:G)」の観点から4つの重要課題(マテリアリティ)を抽出しました。この重要課題に注力することにより、事業を通じて持続可能な社会の実現を目指します。materiality.png

JBサービスのフォーカス事業におけるSDGsへの取り組み

JBサービスは、最新テクノロジとITサービスのナレッジを融合し、安心・安全な運用サービスをご提供することで、お客様企業のSDGs目標への貢献を支援するとともに、地域や社会の持続性と成長に貢献します。

セキュリティ事業における取り組み

DXの推進
 技術 
  • インシデントデータベースの統合、RPA・AI活用による
    サービスデスクの効率化、サービス品質向上
  • 従業員の労働集約型業務の改善
テレワークの推進
 環境   技術   経営基盤 
  • セキュリティと利便性を両立したテレワーク環境の構築
  • 監視やサービスデスク業務のリモート対応を推進
  • コロナ禍における従業員の感染を防止
  • 夜間シフト勤務の負荷を軽減
高度IT人材の育成
 人財   技術 
sdg_icon_17_ja_2-290x290.png
  • 先進技術に対応した認定技術者の育成方針・計画の策定
  • セキュリティ、サービスデスクの高度スキル取得推進
  • ベンダー教育の積極的な活用

健康保持・促進に配慮した職場環境の改善
 経営基盤 
  • 置き食サービスの導入による夜勤待機者等への健康的な食事の提供
  • 職場環境の改善による従業員満足度向上
ダイバーシティとインクルージョンの推進
 人財   技術 
sdg_icon_17_ja_2-290x290.png
  • 外国籍従業員の積極的な雇用
  • 多様な人材を包括できる組織づくり・活性化
  • パートナー企業との情報連携

サービス事業における取り組み

遠隔作業支援の活用促進
 人財   技術 
sdg_icon_17_ja_2-290x290.png
  • スマートグラス、動画マニュアル、AIチャットボットを活用したサポートプラットフォームの整備
  • 保守サービスにおける熟練技術の継承、若手人財育成、人手不足解消、マルチスキル強化
社用車管理による環境配慮
 環境   技術 
  • 運転データから危険運転・ヒヤリハットの情報を把握/分析
  • 安全運転指導により使用エネルギーの低減、交通事故の未然防止、排ガス/CO2の削減を図る
外国人及び高齢者の雇用
 人財  
sdg_icon_17_ja_2-290x290.png
  • 外国人の積極的な雇用
  • 高齢者雇用の維持
  • 多様性を活かした事業の持続的成長

入出庫作業におけるRFID・QRコードの活用技術
 技術 
  • 機器棚卸の時間の大幅短縮。効率的な現場運用を実現
  • RFIDとQRコードを利用した2点照合で作業精度向上
    人的ミスの撲滅、記録精度の向上
キッティング作業の自動化
 人財   技術 
  • 専用ツールを使用したキッティングの自動化による作業効率化、属人化の排除、作業持続性向上(BCP対応)
梱包資材の再利用・ペーパレス化促進
 環境   技術 
  • ダンボールの再利用や繰り返し使えるコンテナの活用
  • Webを活用した情報共有によるペーパーレス化
  • 廃棄物やゴミを削減し資源を循環させることにより、資源の枯渇や環境汚染防止に貢献

関連サービス

DXへの取り組み

JBサービスでは、創業以来培ってきた豊富なITサービスのナレッジと、最新テクノロジを融合し、AIやロボティクス技術を活用したヘルプデスクやセキュリティ運用サービスなど、自社の取り組みをショーケース化するとともに、お客様との共創による新たなサービス開発や、デジタル人材の育成を強化、社内の業務プロセスのデジタル化、働き方改革を推進しております。

詳しく »