<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MZLZR25" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

AIを活用したビジネスモデル-拡大するAI市場

AI市場

AI(人工知能)について、最近よく耳にしませんか?近年、AIの技術が向上し、ビジネスでも活用されはじめています。

今回は、AIを活用したビジネスモデルについて、ご紹介します。

そもそもAIビジネスとは

まずAIとは、人工知能とも呼ばれている、人工的につくられた知能のことを指します。AIビジネスは、そのAI(人工知能)をビジネスに活かすことです。

AIビジネスの市場規模

これまで、AIは実証実験での取り入れが多かったのですが、金融業や製造業、情報通信など他の分野でも本格的にAIが取り入れられ市場規模は拡大しています。

ある調査では、2018年には5000億だったAIのビジネス市場規模が、2020年には1兆円、2030年には2兆を超えるとも言われています。

2018年のAI導入率は4.4%で、前年度よりも2.6%上昇。導入を検討している企業は、20.1%と2.2%上がっています。少しずつではありますが、AIビジネスが拡大していることが分かります。

現在の技術の軸となる機械学習・ディープラーニングとは

近年よく耳にするようになったAIですが、実は1950年代後半から1960年に第1次AIブーム、1980年代に第2次AIブームがあり、現在は第3次AIブームと呼ばれています。

この第3次AIブームのきっかけとなったのが、「ディープラーニング」というシステムです。ディープラーニングとは機能学習のことで、人間のように学習することで知能が成長していきます。

AIに、このディープラーニングが活用できるようになったため、さまざまな分野での応用ができるようになりました。

なぜAIをビジネスに活用するのか

なぜAIをビジネスに活用するのか

では、なぜAIをビジネスに活用するのでしょうか。

まず、近年ビジネスでの課題となっているのが、人手不足です。人を雇いたくても雇えない状況が続いている企業もあるかもしれません。仕事の効率化を図りたくても難しい、特に中小企業ではそのように感じているところが多いのではないでしょうか。

AIをビジネスに活用することで、大量のデータを分析したりそこから予測を立てたりすることができるため、業務の効率化につながります。また、AIは機械であるため、人為的なミスをすることがありません。作業をAIに任せることで人材不足を補うことができ、生産性の向上や質の高いアウトプットにもつながると考えられています。このような背景から、ビジネスにAIが活用されはじめているのです。

AIを活用したビジネスモデルの例

次に、AIを活用したビジネスモデルの例をご紹介します。

【AIを活用したビジネスモデル例1】医療での活用

AIを活用したビジネスモデルの例

AIは医療業界でも注目を集めています。AIがこれまでの医療に関するデータを取得・解析することで、病状の早期発見と適切な治療を提案してくれます。

近年、ディープラーニングを応用して、内視鏡手術への利用も検討されています。AIに大量の手術動画を覚えさせることで、手術までも実現を目指しているのです。

とはいえ、手術のすべてをAIに任せるわけではなく、患者の手術の負担を軽減させる目的で、医師の助手の役目となるでしょう。

【AIを活用したビジネスモデル例2】教育での活用

教育でもAIが活用されはじめています。例えば、学習支援のツールにAIを搭載することで、受講生一人ひとりの苦手な部分や回答時間などを解析します。結果データから、AIが個人にあった教材を提供してくれます。AIを導入することで、効率よく学ぶことができるでしょう。

【AIを活用したビジネスモデル例3】お店での活用

近年は、お店での活用も検討されはじめています。AIが過去の顧客データを収集し、データを解析。解析したデータから、パターンや傾向を見つけ出し、その結果から天気や曜日、状況などによって変わる、商品の発注数を決めることが可能です。

適切な商品の数や提供する時間が分かることで、無駄を減らすことができ収益にも関わってくることでしょう。いつでも新鮮でかつ無駄のない商品を提供することもメリットです。

他にもレジでAIが活用されていて、手にとった商品を自動的に精算してくれるシステムができはじめています。今後は、お店でAIが活用されることが一般的になるかもしれません。

【AIを活用したビジネスモデル例4】Fin Tech分野での活用

AIは、Fin Tech(フィンテック)分野での活用にも利用されています。Fin Techとは、金融を意味するファイナンスと技術を意味するテクノロジーからできた造語です。IT技術を使った金融サービスのこと。

大手の金融期間は、このFin TechにAIを活用しはじめていて、融資の信用度を数字化できるサービスを提供しています。利用者から年収や他のローンの利用などを聞き出し、それらのデータを基に信用スコアを算出するようになっているのです。

AIビジネスの今後

お店や業務、金融機関などAIを活用することで効率化や人手不足を解消できる分野には、今後も導入されるでしょう。

特に人手不足で問題を抱える、医療や介護現場では、患者の治療や介護の補助にもAIでの活用が期待されています。

AIを活用したビジネスを見ない日がない、そんな時代がやってくるかもしれません。AIビジネスの市場は、今後の成長にも期待できる分野です。

まとめ

今回は、AIを活用したビジネスモデルについてご紹介しました。

AIは、データを覚え、そこからデータを解析(学習する)し、より良い結果へと導いてくれます。そのため、ビジネスに活用することで、生産性の向上や、人手不足の問題解決に役立っていくでしょう。

AIについてのお問い合わせ

JBサービスでは、AI認定技術者がこれまでに培った豊富なヘルプデスクの運用経験や社内やお客様に導入したAIチャットボットの知見を総合して、お客様のAIヘルプデスク構築を成功に導きます。また運用負荷の高い維持・メンテナンス作業を代行するとともに、分析結果から問合せ精度向上のための助言・サポート・課題解決の提案を行います。

AIを活用した業務の効率化をお考えのお客様は、JBサービスにお気軽にご相談ください。

関連サービス
AIチャットボットサービス(標準サービス)

AIチャットボットサービス(標準サービス)

JBサービスでは、AI認定技術者がこれまでに培った豊富なヘルプデスクの運用経験や社内やお客様に導入したAIチャットボットの知見を総合して、お客様のAIヘルプデスク構築を成功に導きます。また運用負荷の高い維持・メンテナンス作業を代行するとともに、分析結果から問合せ精度向上のための助言・サポート・課題解決の提案を行います。JBサービス(JBS)は企業の情報セキュリティ対策・ITシステム運用をご提供いたします

詳しく »